本文へスキップ

私たちは文化や教育、スポーツなどを通して幅広い分野の国際交流を目指している

電話でのお問い合わせはTEL.04-7157-0281

〒277-0005 千葉県柏市柏1-7-1-301 パレット柏内

KIRA の概要・定款・規定・沿革About Kira

概要

柏市国際交流協会(KIRA)は1992年6月20日、それまで民間国際交流組織として活動を続けてきた「柏市・トーランス市姉妹都市委員会」 「柏市・承徳市友好都市交流委員会」「柏市・グアム友好都市交流準備委員会」を統合して、設立されました。 姉妹都市、友好都市との交流を一層促進していくとともに地域社会、市民生活の国際化にも寄与することを目的としています。 


沼南町国際交流協会(SIFA) と合併

KIRAは、2005年4月1日に、沼南町国際交流協会(SIFA)と合併しました。

特定非営利活動法人化

KIRAは2012年11月13日に千葉県から特定非営利活動法人の認証を受け、11月26日に法人登記を申請して 特定非営利活動法人柏市国際交流協会、 英語名 "NPO Kashiwa International Relations Association" 略称KIRAになりました。 

定款(抜粋)

活動の種類と事業

(目的)
*KIRAは、国際交流活動を行うことにより、柏市及び柏市民と世界の人々との相互理解と友好親善を深め、 もって地域社会及び市民生活の国際化と多文化共生の推進に寄与することを目的とする。

(事業)
*KIRAは、その目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 特定非営利活動に係る事業
イ .提携姉妹都市・友好都市等との国際交流活動
ロ .国際交流及び国際理解を促進する事業の啓発及び育成
ハ .国際交流に関する講演、研修、催し等の実施
ニ .国際交流のための調査、研究及び広報
ホ .在住外国人に対する支援事業
へ. 国外・国内の環境保全活動及び災害時の支援を通じた国際交流
ト.その他目的達成に必要な事業
(2)その他の事業

活動の種類と事業

(構成)
*総会は、KIRAの正会員をもって構成する。
(開催)
*通常総会は毎事業年度1回開催する。
2 臨時総会は、次の各号の何れかに該当する場合に開催する。
(1) 理事会が必要と認め招集の請求をしたとき。
(2) 正会員総数の5分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。
(3) 第15条第6項第4号の規定により、監事から招集があったとき。
(議長)
*総会の議長は、その総会に出席した正会員の中から選出する。
(定足数と議決)
総会は、正会員総数の2分の1以上の出席をもって開会し、総会の議事は、この*定款に規定するもののほか、 出席した正会員の過半数の同意をもって決する。ただし、可否同数のときは議長の決するところによる。
注)定款の変更とKIRAの合併は総会で4分の3以上の賛成、KIRAの解散は、正会員の4分の3以上の承認を要す

理事会

(構成)
*理事会は、理事をもって構成する。
(開催)
*理事会は、次の各号の何れかに該当する場合に開催する。
(1) 会長が必要と認めたとき。
(2) 理事総数の3分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。
(3) 第15条第6項第5号の規定により、監事から招集の請求があったとき。
(議長)
理事会の議長は、会長がこれに当たる。
(議決)
理事会における議決事項は、予め通知された事項とする。
2 理事会の議事は、理事数の過半数の同意をもって決する。ただし、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(権能)
*理事会は、この定款で定めるもののほか、次の事項を審議する。
(1)総会に付議すべき事項
(2)総会の議決した事項の執行に関する事項
(3)KIRA運営にかかわる基本事項
(4)専門委員会の組織及び運営
(5)その他総会の議決を要しない会務に関する事項 

専門委員会

(設置及び役割等)
*KIRAは事業の執行にあたるために必要な専門委員会を置く。
2 専門委員会は、参画を希望する会員より成り、各々の事業の企画立案及び執行にあたる。
3 専門委員会は、専門委員会同士のコミュニケーションを密にし、各々の事業活動を機能的かつ円滑に執行するために委員長会議を構成する。
4 専門委員会ならびに委員長会議については別に定める。

定款の全文はここから

規定・規則類からの抜粋

委員長会議規定抜粋(旧名:運営委員会)

*委員長会議は、会長、副会長、会計及び専門委員会の委員長をもって構成する。
2 定款第15条第6項の規定により、監事は、必要に応じて、会議に出席することができる。
3 事務局長及び事務局次長は会議に出席し必要な説明及び参考意見を述べることができる。
*定例会は毎月1回開催する。ただし、会議の決議により、会長が休会とすることができる。
2 臨時会は、会長が必要と認めたとき開催する *会議の議長は会長が務める。
*会議は次の事項を審議する。
(1)事業計画及び予算にもとづく具体的事業の執行に関すること
(2)各専門委員会相互の協力並びに活動の調整に関すること
(3)その他会長が必要と認め、かつ理事会に付議する必要のない事項 

専門委員会規定抜粋

(設置)
*定款で定める事業活動の執行にあたるため、次に定める専門委員会を置く。

総務委員会 外国語委員会 日本語委員会
トーランス委員会 承徳委員会 グアム委員会
キャムデン委員会 多文化共生委員会 交流委員会

2 前項の規定にかかわらず、必要な場合は、理事会の議決をもって特別委員会を置くことができる。
(組織)
*専門委員会は、参画を希望する会員で構成する。
2 各専門委員会は、当該専門委員会に属する会員の中から、委員長、副委員長、会計及びその他必要な担当を選出する。委員長は正会員とする。
(活動内容)
*専門委員会は次の活動を行う。
(1)事業計画の具体的実施計画の立案及び実施。
(2)予算及び事業計画の的確な執行
(3)経費精算と決算
(4)次年度予算及び事業計画の立案
(5)事業活動促進のための情報並びに意見交換及び収集
(6)その他事業活動の目的達成のために必要なこと
(会議)
*専門委員会は、原則として月1回定例会を開催する。必要ならば臨時会を開催できる。

会費

会員の会費は,次のとおりとする。ただし,10月以後の入会者(前年度会員であった者を除く)にあっては,2分の1の額とする。

会員 会費(年額)
団体会員 10,000円
家族会員 5,000円
個人会員 2,000円
学生会員 1,000円

9月末日をもって,当該年度の会費が未納の会員にあっては,退会したこととみなす。

 

沿革

1992年
(平成4年)
柏市が姉妹友好都市提携していた海外3都市と交流活動していた、「柏市・トーランス市姉妹都市委員会」、「柏市・承徳市友好都市交流委員会」及び「柏市・グアム友好都市交流準備委員会」の3委員会が統合され、柏市主導の団体として「柏市国際交流協会」が設立された。
事務局は市役所国際交流室の中に設置、トーランス市(米国)、承徳市(中国)並びにグアム準州(米国)との市民及び青少年の交流事業を継承しました。
2001年
(平成13年)
協会組織を改正し、10委員会として新組織をスタートしました。
2002年
(平成14年)
協会設立10周年記念事業を実施しました。
2004年
(平成16年)
国際交流事業を市民の自立運営に委ねるため、市の組織から離れて非営利活動任意団体として独立し、柏市庁舎よりJR柏駅西口近くの後藤ビル3階に事務所を移転しました。
2005年
(平成17年)
柏市と旧沼南町との合併に伴い、柏市国際交流協会と沼南町国際交流協会が合併し、新生「柏市国際交流協会」となりました。
委員会組織も改編し13委員会として再スタート、友好都市としてキャムデン町(オーストラリア)が新たに加わり当協会としては4都市と交流することになりました。
2008年
(平成20年)
柏市が、つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅東口に「柏の葉サテライトオフィス」を設置したのを機に、市の支援を受けて当協会の柏市北部活動拠として柏の葉国際交流ラウンジを開設しました(2011年閉鎖)。
2012年
(平成24年)
協会設立20周年記念事業を実施しました。当協会は、社会的信頼と信用を高めて今後一層の発展を目指して、同年、非営利活動任意団体から特定非営利活動法人(NPO法人)に移行しました。
2014年
(平成26年)
市制60周年記念市政功労者として市民活動功労団体部門で市より感謝状をいただきました。
2015年
(平成27年)
当協会は、柏駅近に建設されるDay One タワー3階に柏市が設置する柏市国際交流センターの指定管理者に指定され、2016年5月より指定管理者として事業を実施することになりました。
2016年
(平成28年)
当協会は、2016年5月10日より柏市国際交流センター指定管理者として9委員会に再編して事業を始めました。

財務状況

2015年度決算資料収支計算書
2015年度貸借対照表

info事務局

【事務局】

特定非営利活動法人
柏市国際交流協会(KIRA)

〒277-0005
千葉県柏市柏1-7-1-301パレット柏内
TEL.04-7157-0281
FAX.04-7165-7321

開館時間:8:30〜17:15
休館日:日曜日・祝祭日・年末年始